• HOME
  • 人材育成
  • JACICセミナーのご案内 BIM/CIMプロセス標準化・義務化に関するパネルディスカッション

- JACICセミナーのご案内 -

BIM/CIMプロセス標準化・義務化に関するパネルディスカッション

 

 参加募集を締切りました。

 

 国土交通省では、公共事業の各段階(調査・設計、施工、維持管理)においてCIMを円滑に導入、連携・活用するための「CIM導入ガイドライン」の本年度中の策定を進めています。一方、BIM/CIMに関する注目すべき国際動向として、2016年4月から英国ではBIMの義務化を表明しています。そこで、これまでのBIM/CIMに関する国際調査を通じて得られた知見を踏まえ、「英国のBIMに関連した文書や標準規格」を読み解き、その骨子を紹介するとともに、第一線で活躍する国内外の専門家を招いたBIM/CIMプロセス標準化・義務化に関するパネルディスカッションを開催したします。


1.開催日時

 平成28年10月13日(木) 10:30~18:00 定員:150名程度 ※10:00 受付開始

2. 開催場所

 トラストシティ カンファレンス・丸の内
 〒100 -0005 東京都千代田区丸の内 1-8-1丸の内トラストタワー N館
 トラストシティ カンファレンス・丸の内 11F Room2+3+4

3. 開催内容

 (1)第一部 JACICセッション(10:30~12:00)
  ・英国標準の骨子:UK Product data standard,bSIによる標準化の概要 等
  (講演:(一財)日本建設情報総合センター 理事 坪香 伸、研究開発部長 森田 義則)


 (2)第二部 BIM/CIMプロセス標準化・義務化に関するパネルディスカッション(13:00~18:00)
  ・大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 教授 矢吹 信喜 様(座長)
  ・日本大学 危機管理学部 危機管理学科 教授 木下 誠也 様
  ・宮城大学 事業構想学部 デザイン情報学科 教授 蒔苗 耕司 様
  ・UK BIM Task Group, Head of International Affairs, Mr. Adam Matthews
  ・Central team, Wisconsin DOT, P.E., Civil Engineer, Mr. Brad J. Hollister
  ・国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課 企画専門官 新田 恭士 様
  ・国土交通省 大臣官房 技術調査課 工事監視官 山下 眞治 様
  ・国土地理院 企画部 測量指導課長 安藤 暁史 様
  ・(一財)日本建設情報総合センター 研究開発部 次長 小路 泰広

4. 申込方法

 参加募集を締切りました。

5. 問合せ先

 (一財)日本建設情報総合センター 研究開発部 担当 影山、児玉、臼井
                         TEL:03-3505-0436
                       メール:jacic-cimseminar@jacic.or.jp

6. タイムテーブル(予定)

 時間   内容   備考 
 10:00~10:30   受付                     
 第一部 JACICセッション 
 10:30~12:00   ・英国標準の骨子:UK Product data standard, bSIによる標準化の概要 
 ・欧州、米国等におけるBIM/CIMの普及、導入状況 
 (講演:JACIC理事 坪香 伸、研究開発部長 森田 義則) 
  
 12:00~13:00   休憩(60分)    
 第二部 BIM/CIMプロセス標準化・義務化に関するパネルディスカッション 
 13:00~13:10   開場挨拶(大阪大学 矢吹教授)    
 13:10~13:50   講演:Mr. Adam Matthews    
 14:00~14:40   講演:Mr. Brad J. Hollister    
 14:50~15:30   講演:新田 恭士 様    
 15:40~16:00   講演:小路 泰広 
 我が国におけるCIMの取組(仮称) 
  
 16:00~16:30   休憩(30分)    
 16:30~18:00   討議:CIMを導入する場合の課題と道筋の共有    
 18:00~18:10   会場移動    
 18:10~20:00   懇親会