• HOME
  • 国際動向
  • JACICセミナーのご案内 BIM/CIMに関する海外調査に関するセミナー

国際動向

CIM技術検討会議 報告書

CIMパンフレット

- JACICセミナーのご案内 -

BIM/CIMに関する海外調査に関するセミナー


 国土交通省では、建設生産システムの労働生産性を向上すべく建築分野におけるBIM(Building Information Modeling)の広がりを踏まえ、土木分野にBIMの概念を取り入れたCIMの試行を平成24年度より開始しました。平成28年度には、CIM試行事業(業務・工事)を通じて得られた知見を取りまとめ、作成目安や利活用事例などを取りまとめた『CIM導入ガイドライン(案)』を策定したところであります。
 このたび、JACIC研究開発部では、平成28年度に締結した英国BIM Task GroupとのMoU(Memorandum of Understanding)を通して、平成28年より義務化した英国におけるBIMの方向性に関する情報を収集することともに、JACOBS※1 やWaterman※2 などの英国コンサルタンツを通じて得られた、BIM義務化の現状を報告及び英国ケンブリッジ大学おけるBIMの先進的な研究事例を紹介いたします。さらに、オウル大学より専門家を招き、フィンランドにおけるBIM/CIMの取り組みの講演を開催いたします。
※1 ジェイコブスは、北米、南米、ヨーロッパ、中東、オーストラリア、アフリカ、アジアに250以上にオフィスを構え、2016年10月現在、世界的に5万人の従業員を要するエンジニアリング会社
※2 ウォーターマン・グループは、英国、オーストラリア、ヨーロッパの各地にオフィスを構え、財産、インフラ、環境、エネルギー市場の計画、エンジニアリング設計等を行なうコンサルタント

1. 開催日時

 平成29年12月12日(火) 13:30~17:00 定員:160名程度 ※13:00受付開始

 ※本セミナーは定員になり次第、受付を終了させていただきます。


2. 開催場所

 TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール14C

 ※14Fフロアーまでお越しください。

 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目14-27 国際新赤坂ビル 東館


3. 開催内容

(1)開会挨拶(13:30~13:40)
    ・シンガポールの取組みについて
    (理事 坪香 伸)

(2)海外調査(欧州)の概要及びbSIの動向(13:40~14:10)
    (講演:大阪大学 矢吹教授)

(3)JACIC海外調査報告(14:10~15:10)
    ・海外におけるBIMの先進的研究事例
    ・BS-1192シリーズの実施状況

(4)フィンランドにおけるBIM/CIMの取り組み(15:20~16:50)
    (講演:オウル大学 Prof. Rauno Heikkila


4. 申込方法

参加申込書(*.doc)に必要事項を記載のうえ、下記メールアドレスに送付願います。
jacic-cimseminar@jacic.or.jp


5. 問合せ先

(一財)日本建設情報総合センター 研究開発部 担当 影山、田中、西:TEL 03-3505-0436


6. 時間割(予定)

 時間   内容   備考 
 13:00~13:30   受付                     
 13:30~13:40   ・開会挨拶 
  シンガポールの取組みについて
 (理事 坪香 伸) 
  
 13:40~14:10   ・海外調査(欧州)の概要及びbSIの動向 
 (講演:大阪大学 矢吹教授) 
  
 14:10~15:10   ・JACIC海外調査報告 
  海外におけるBIMの先進的研究事例
  BS-1192シリーズの実施状況
  
 15:10~15:20   休憩    
 15:20~16:50   ・フィンランドにおけるBIM/CIMの取り組み 
 (講演:オウル大学 Prof. Rauno Heikkila) 
同時通訳
 16:50~17:00   質疑応答